2021年03月10日

「東日本大震災」から10年、いまだ、多くのみなさんが避難生活を余儀なくされています。


<細谷・上戸まちづくりスタッフブログ>

 「産経新聞」さんによると、
「東日本大震災」により、いまも、栃木県内での避難生活を余儀なくされている方々が、2,756人(令和3年2月現在)になっているそうで、その内、2,662人が福島県出身のみなさんだそうで、ふるさとの復興の遅れが要因となっています。

 わたくしたち、一人ひとりに、長期的な復興支援のあり方が問われているのではないでしょうか (。´・ω・)? 。

0310 復興.png


posted by まちのいきいき情報 at 21:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: