2019年03月21日

「おはぎ」と「ぼたもち」


<細谷・上戸まちづくりスタッフブログ>
 今日は3月21日(木・祭)、「春分の日」です。太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日ですが、あいにく、今日の「宇都宮」の朝は曇り空から雨が振り出してしまい朝日を見ることができません。

3/21 春分の日.jpg
イラストは「ja.pngtree.com」さんより転用させていただきました。

 春分といえば「お彼岸」です。
「お彼岸」といえば、お供え物の定番の「ぼたもち」や「おはぎ」が食べたくなりますね。
本来、春は「牡丹餅(ぼたもち)、秋は「御萩(おはぎ)」といい、作り方は大体同じものですが、秋の「おはぎ」は粒あんで小ぶりの俵のかたち、春の「ぼたもち」は大きめで丸くこしあんを用いるのだそうです。

 現在、わたくしたちのの地域では、春でも「おはぎ」と呼ばれているような気がしますが、、、あなたのお住いの地域では、、、何て呼ばれていらっしゃいますでしょうか。(・・?

3/21 牡丹餅とおはぎ.jpg
イラストは「kinisuru.com」さんより転用させていただきました。
posted by まちのいきいき情報 at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: