2020年06月16日

和菓子を食べて健康や幸せを願う「喜祥菓子の日」


<細谷・上戸まちづくりスタッフブログ>

 西暦848(承和15・嘉祥元)に疫病が蔓延していたために年号を「めでたいしるし」という意味で「嘉祥」と改め、その年の6月16日に16の菓子や餅を神前に供え、疫病がなくなり健康でしあわせに暮らせるようにと願ったそうです。

6/16 感謝祭.jpg


それ以来、6月16日に「厄除け」と「招福」を願い、喜祥菓子(和菓子)を食べて縁起を担ぐ風習は明治時代まで続いていました。

6/16 和菓子.jpg


posted by まちのいきいき情報 at 08:00| Comment(0) | 日記